JR山陰本線(嵯峨野線)(京都~園部)・並河駅から徒歩15分、亀岡市のお葬式なら大井シティホール

▶ お問い合わせ

▶ アクセス

▶ お急ぎの方はこちら ◀

お急ぎの方は24時間365日対応の無料電話 0120-094-110

その他、葬儀のマナー

香典、供花、供物や焼香・献花について解説します。

香典・供花・供物

香典について

イメージ

香典は、もともと霊前に供える香に代えて、現金を包むものです。

金額は故人との付き合いの度合いや、故人の社会的立場などによって多少違ってきます。親しい付き合いでなければ、気持だけの金額を包むようにしてもかまいません。 自分の立場や故人、遺族との関係を考えて、先方にあまり恐縮されない程度の額にします。場合によってはお焼香だけさせていただくこともあります。

香典を持参するタイミングについて

イメージ

最初に弔問した時にだすのが原則です。通夜に持参できない場合は、葬儀・告別式に持参します。通夜の場合、受付がなければ拝礼の時に霊前に供えるか、遺族に手渡すようにします。 臨終直後に駆け付けた席で香典をだすのは、取り込みの最中において紛失することもあるので、止めましょう。 やむを得ず通夜や告別式に出席できない場合は、香典を現金書留で郵送してもかまいません。

香典の中袋・中包みについて

大井シティホール香典の中袋・中包みについて

金額については、表面に書くという説と、裏面に書くという説があります。 市販の不祝儀袋の中には金額を記入する欄が決まっている場合もあります。 金額の字体は旧字体にするのが正式ですが、略式(○千円など)でも問題ありません。また、「これ以上端数はありません」という意味で、後ろに「也」を書くことがあります。
※「也」は10万円を超える場合に使うのがマナーと説明する方もいます。

氏名はフルネームで書き、住所は遺族との面識がある場合には必ず書く必要はありません。但し、会葬者が多い場合には、遺族や関係者が香典袋から中袋を出して整理する場合の為に、中袋にも住所氏名を書くと丁寧です。

漢数字の書き方

香典に書く漢数字の書き方

「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで簡単に漢字が書き換えられてしまったりしないように「大字」と呼ばれる「壱、弐、参、拾」の文字を書きましょう。
「千、万、円」は略式で書く場合もあります。

最近では、金額を書く欄が横書きのようになっていることもあり、その場合にはアラビア数字で書く場合もあります。

香典袋の表書きについて

イメージ

香典の表書きは故人の宗旨に合わせて書きます。

仏式では「御香典」「御香料」「御霊前」「御供料」、神式では「御玉串料」「御榊料」、キリスト教では「御花料」「御ミサ料」などですが、宗旨が分からない場合は「御霊前」とします。

表書きの下段中央に自分の姓名を書きます。差出人が連名なら3名までの名前を書き、それ以上なら「○○課有志」「○○会一同」などとし、全員の氏名を書いた紙を金包みの中に入れておきます。
香典袋は、香典の金額相当のものを選ぶようにしましょう。

供物・供花について

イメージ

供え物には、花輪、生花、造花、線香、抹香、蝋燭、菓子、果物などが一般的です。故人が好きだったものを供えてもいいでしょう。 ただキリスト教式では菓子、果物などは供えませんので生花にします。供花や供物を贈る場合は、葬儀社を通じて手配するのが一般的です。 喪家側の飾りつけの都合もあるので、事前に連絡しておくのがよいでしょう。また宗旨によって供え物のきまりがあるような場合もありますので注意が必要です。

供物や供花には、白黒の水引やリボンをかけ、名刺か小さな名札を添えます。 なお、花輪は会社や団体、あるいは公的立場の人から贈られるのがふつうですから、個人的に贈る場合は供花にすることが多いです。

焼香・献花

お焼香について

イメージ

通夜・葬儀・告別式を通して、会葬者は仏前で焼香しなければなりません。焼香には座礼と立礼がありますが、基本的には同じ作法です。 仏前に線香をあげる場合、線香を右手で1本(2本でもかまいません)とり、ろうそくで火をつけます。炎は左手であおいで消すか、すっと引いて消します。 それから香炉に立てるか、横に置くようにします。これは宗派によって異なります。

焼香・線香立てについては、下記のように宗派によって違いはありますが、あまりこだわる必要はなく、心をこめて1回するのもよいでしょう。

焼香の宗派による違い

天台宗 とくに決まりはない
真言宗 通常、焼香3回、線香も3本立てる
仏・法・僧の三宝に供養すること、身・口・意の三密修行に精進するため、3回といわれている
浄土宗 とくに決まりはない
浄土真宗 真宗大谷派では焼香は2回、浄土真宗本願寺派では1回、線香は立てないで折って寝かせる
また真宗では、焼香に際して香を額におしいただかない
臨済宗・曹洞宗 回数にこだわらない
日蓮宗 僧侶は3回、一般の人は1回

回し焼香について

盆にのった抹香と香炉がまわってきて、自分の席で焼香します。盆がまわってきたら両手で受け取り、自分の正面において焼香します。終えたら次の人に「お先に」と軽く会釈しましょう。

キリスト教の場合~献花の作法~

イメージ

カトリックでもプロテスタントでも、葬儀・別れの儀式では祭壇に花をささげる献花が多くなっています。

順番がきたら祭壇に向かって一礼し、係の人から花が右側に来るように両手で受け取ります。祭壇前で一礼し、根元が祭壇に向くようにして、献花台におきます。

無宗教の葬儀でも献花が行われることが増えておりますが、同様なやり方でおきます。

施設概要

※拡大図を表示クリックでGoogleマップを開きます

所在地 〒621-0011 京都府亀岡市大井町土田1-204-1
アクセス JR山陰本線(嵯峨野線)(京都~園部)・並河駅から徒歩15分
駐車場 24台収容大駐車場完備(無料)
葬儀スタイル 各宗派葬儀一式(個人葬から社葬まで)
音楽葬(無宗派葬)
受付時間 年中無休・24時間受付
施設概要 ホール(50名)
仕上げ室
法要会場有り
特記事項 1日1件のみの葬儀となります。
ご親族様控え室有り[冷蔵庫・金庫・浴場(テレビ・ジャグジー付き)
無料コインロッカー
当社専門社員による式進行一式(マイク設備無料)
献茶、おしぼりご奉仕
バリアフリー設計
車椅子トイレ完備
会館情報

会館情報を携帯に登録!

対応エリアご案内 シティホールサイトに移動します

年間実績25,000件以上

91ヶ所にあたる【京都府・大阪府・滋賀県・福井県・岡山県・広島県】シティホールは、すべてセレマの直営会場でございます。突然のことでも、ご遺族様の不安をできるだけとりのぞくことができるよう、365日24時間、お電話で対応しています。

0120-094-110 24時間応対 メールでご相談
0120-094-110 24時間対応